[Top] [プロフィール] [スライドショー] [スライド・花の山 剣山に咲く花] [スライド・ピンクに染まる西赤石山] [花の検索]
[スライド・春を彩る花々] [スライド・高山の夏に咲く花] [剣山の四季] [季節の花] [剣山花登山コース] [花登山コース地図]
[剣山に咲く花] [剣山に咲く花PARTU] [石立山の花々] [花雑記] [花雑記PARTU] [サイトマップ] [旬の彩り]
[絶滅危惧の花々] [絶滅危惧の花々PARTU] [徳島のランの花] [徳島のランの花PARTU] [小鳥のつぶやき]


 

 

クゲヌマランとギンランが同居

クゲヌマラン↓? ギンラン↓?
クゲヌマラン? ギンラン
クゲヌマラン? ギンラン
クゲヌマラン? ギンラン
 上の左右の写真から距の違いがはっきりと見えます。左側の3段は同じ株で、そのうち中段は上下段の5日後に撮影したもの。ラン科。徳島県 つるぎ町。撮影日:6月2日、7日
北海道のクゲヌマラン? ←左の写真は、北海道様似町の道路脇で写した
クゲヌマランとおぼしきランです。撮影日:5月21日

 
クゲヌマラン(左)かギンラン(右)か
 クゲヌマラン(?)が2uくらいの場所に点々と7〜8本、その場所から3mくらい離れたところにギンランが2本咲いていました。狭い場所ですが混じって咲いていることはありませんでした。背丈はどれも20cm内外で同じくらいです。
 クゲヌマランは徳島県では寒温帯域に見られるが、図鑑(レッドデータプランツ(増補改訂新版 山と渓谷社2015年)では、「主に暖温帯の海岸の林床に生育する。(中略)茎は高さ40cm前後」と記載されており、今回撮影した場所は標高1000m以上の場所で、背丈もギンランと変わらず、果たして図鑑のクゲヌマランと同種かどうか???。唇弁基部の距の違いは見られるものの生育場所も背丈も付ける花の数もほとんど変わりません。クゲヌマランとギンランが同居するのは同じ仲間なので取り立てて珍しいことではないのでしょうか?図鑑の海岸性のクゲヌマランもギンランと同じ場所に生育しているのでしょうか。  クゲヌマランのページへ

 
クゲヌマラン
環境省レッドデータブック 絶滅危惧U類
徳島県レッドデータブック 絶滅危惧IA類

 
ギンラン
環境省レッドデータブック 該当なし
徳島県レッドデータブック 絶滅危惧U類

 

 
 Top Page へ    Profile へ   スライド・ショーへ 花の 検索表へ  季節の 花へ 
 花 雑 記 へ  剣山の 四季へ 剣山花登山コースへ 剣山に咲く花へ 石立山の花々へ
サイト・マップへ 絶滅危惧の花々へ ランの 仲間たちへ 旬 の 彩 りへ 小鳥のつぶやきへ

こうちゃん
awa@yasousanpo.sakuraweb.com