[Top] [プロフィール] [スライドショー] [スライド・花の山 剣山に咲く花] [スライド・ピンクに染まる西赤石山] [花の検索]
[スライド・春を彩る花々] [スライド・高山の夏に咲く花] [剣山の四季] [季節の花] [剣山花登山コース] [旬の彩り]
[サイトマップ] [花登山コース地図] [剣山に咲く花] [剣山に咲く花PARTU] [石立山の花々] [花雑記] [花雑記PARTU]
[絶滅危惧の花々] [絶滅危惧の花々PARTU] [徳島のランの花] [徳島のランの花PARTU] 小鳥のつぶやきへ


 

 

ヤマシャクヤク

ヤマシャクヤクの花
.
花が開いてもわずか2〜3日で散ってしまう。まさに美人薄命
.
花が開ききった状態
.
ちょうど見頃の花
.
ヤマシャクヤクの蕾 赤い斑が入った花
秋の実
 
秋の実
9月17日 大川原高原

山芍薬。
 「立てば芍薬、座れば牡丹。歩く姿は百合の花。」の言葉どおり、その立ち姿は凛とした気品を感じさせます。この花を目的に登ってくるファンは多い。
茎の先にひとつ、5cmくらいの純白の花を咲かせます。

 秋、アケビのようにパクッと二つに裂けた実のなかにざくろの種に似た鮮紅色と黒色の二種類の種をつける。こちらも花に負けず劣らず美しい。まさに「花も実もある」とはこのこと。

 赤い斑が入った花もあります。生育環境によるものか、傷んだ個体によるものか時折見られます。

 この花と同じ仲間にベニバナヤマシャクヤクがある。ヤマシャクヤクに比べ比較的標高の低い場所に約1か月ほど遅れてやや小ぶりの花を咲かせます。

ボタン科 
徳島県 西三子山 4月29日、津志嶽 5月3日
東みよし町 5月14日、高越山 5月13日
余白

アルビノ?白い雄しべを持つヤマシャクヤク

白い雄しべ
全体の様子
「白い雄しべ」を持つヤマシャクヤク
 上の花(最上段と二段目)と同じ場所に咲いていた「白い雄しべ」を持つヤマシャクヤクです。茎の色も少し緑色を帯びています。この小さな群落で「白い雄しべ」を持つものは30〜40%くらいの割合でしょうか。

 
環境省レッドデータブック 絶滅危惧U類
徳島県レッドデータブック 準絶滅危惧

 

 
 Top Page へ    Profile へ   スライド・ショーへ 花の 検索表へ  季節の 花へ 
 花 雑 記 へ  剣山の 四季へ 剣山花登山コースへ 剣山に咲く花へ 石立山の花々へ
[サイトマップ] 絶滅危惧の花々へ ランの 仲間たちへ 旬 の 彩 りへ 小鳥のつぶやきへ

こうちゃん
awa@yasousanpo.sakuraweb.com