[Top] [プロフィール] [スライドショー] [スライド・花の山 剣山に咲く花] [スライド・ピンクに染まる西赤石山] [花の検索]
[スライド・春を彩る花々] [スライド・高山の夏に咲く花] [剣山の四季] [季節の花] [剣山花登山コース] [花登山コース地図]
[剣山に咲く花] [剣山に咲く花PARTU] [石立山の花々] [花雑記] [花雑記PARTU] [サイトマップ] [旬の彩り]
[絶滅危惧の花々] [絶滅危惧の花々PARTU] [徳島のランの花] [徳島のランの花PARTU] [小鳥のつぶやき]


 

 

カタクリ

カタクリ
 
↑カタクリの右の葉の上にクロフネサイシンの花が見える。
 
カタクリ
 
カタクリ
 
白い花(右)も時折、目にします。軸の色も緑色をしています。↑
 
カタクリ
 
カタクリ
 
カタクリ
 
↑雑木林の中で暖かい春の日差しを独り占め。

 
この立ち姿。どうです、立派でしょう。「凛として」という表現がぴったりだと思いませんか。人生かくありたいものです。
 
「花の命は短くて・・・」
春、いち早く葉と花を開き、そして実を結んで枯れるまでその間約3ヶ月です。春先には木々もまだ葉を付けず林床には日の光が燦々と降り注ぎます。そして木々の葉が茂り、明るかった林床も薄暗く葉で覆われるようになる5月にはもう地上部分を枯らして次の春まで休眠に入るのです。
 
一年を三月で暮らすいい女?一年の内3/4は寝て暮らします。うらやましい〜。
しかし、花を咲かせるには7年も8年もかけて1枚葉からやっと二枚葉になり、そして花を咲かせるのです。そんなカタクリの生活史を思うとせっかく長い年月をかけて花を付けたものを採って帰ったり、踏みつけたりすることのないようにしたいものです。
 
ユリ科。
徳島県 佐那河内村   撮影日:4月26日、5月4日
徳島県 吉野川市    撮影日:4月29日
徳島県 神山町柴小屋 撮影日:5月3日

 
環境省レッドデータブック 該当なし
徳島県レッドデータブック 絶滅危惧U類

 

 
 Top Page へ    Profile へ   スライド・ショーへ 花の 検索表へ  季節の 花へ 
 花 雑 記 へ  剣山の 四季へ 剣山花登山コースへ 剣山に咲く花へ 石立山の花々へ
サイト・マップへ 絶滅危惧の花々へ ランの 仲間たちへ 旬 の 彩 りへ 小鳥のつぶやきへ

こうちゃん
awa@yasousanpo.sakuraweb.com